クレジットカード決済なら

オキュバイト・ルタックスとは

オキュバイト・ルタックスの働き

眼はカメラによく喩えられます。


カメラのレンズが水晶体、フィルムが網膜にあたります。


それぞれ高齢になる事(老化)で何が起きるのでしょうか?



水晶体


水晶体はピントを合わせる働きをしますが、老化と共に硬くなり視力低下を起こします。


特に近くに不自由を感じるようです。いわゆる「老眼」です。


また、水晶体はもともと透明なたんぱく質ですが、老化と共に変性して白く濁ったりします。初期には物がかすんで見えたりまぶしさを感じる事もあるようです。



これが加齢性「白内障」です。



50歳で約40%、70歳で約80%が発症。



網膜(黄斑)


網膜の老化は細胞組織が萎縮したり、老廃物が溜まったり、もろい血管が出来たりして正常な機能を維持できなくなります。


視界の中心が歪んだり、見たい部分が黒く見えなくなったりします。(黄斑変性)



欧米先進国に患者が多いと言われてきましたが、最近は日本でも患者数が
急増しているそうです。



老化はなぜ起きるのでしょう?


人間の細胞には老化をする時限プログラムが組み込まれているという説もありますが、 老化には個人差があり、必ずしも年齢と老化の進行程度は同じではありません。


周りにも見た目だけでなく、「あの人、年齢のわりに若いなあ」と思う方いますよね。 では、何が違うのでしょうか。



現在老化の原因で有力視されているのが、「活性酸素」です。 言葉自体は聞いたことがあるのではないかと思います。



人間が生きていく為に酸素は必要不可欠なものです。


しかし、その酸素の一部は体内に入ると活性酸素となり、過剰に発生すると自らの細胞や組織を攻撃し傷つけてしまいます。


これが老化を早める理由の一つといわれています。



人間の体にはもともと過剰に発生した活性酸素を分解する抗酸化酵素がありますが、40歳を過ぎる頃から抗酸化酵素の生成機能が低下すると言われています。


活性酸素を効率よく消去することができれば、老化の進行が遅くなることが期待できるわけです。



活性酸素は体内だけで発生するわけではありません。 ストレス・タバコ・過度の運動・紫外線なども原因になります。



そうなのです! 体の為に良かれと頑張っているスポーツも活性酸素を作ってしまっていたのですね。


適度の運動は間違いなく健康につながります。

そこで発生してしまった活性酸素を消しさえできれば完璧です。


若さを保つ為にはバランスの良い栄養摂取が一番大切です。


健康維持に役立つ栄養素



抗酸化作用のある栄養素はビタミン・ミネラルが有名ですね。


ビタミンは抗酸化酵素と同様に活性酸素を消去します。


ミネラルは抗酸化酵素生成に必要な栄養素です。


そして、眼の健康の為に大切な栄養素は「ルテイン」。


ルテインは大切な水晶体や網膜に含まれている栄養成分。



外刺激から細胞を守るフィルターのような働きがあり、抗酸化作用もあると言われています。



体内で生成することが出来ない栄養素ですので、外から取り入れるしかありません。



上記栄養を食事だけでバランス良く摂取できれば何の問題もないのですが、必要栄養素 摂取のためにしっかり食べれば、いらないカロリー(脂肪)もしっかり摂れてしまいます。



これでは本末転倒ですね。(肥満は目に限らずさまざまな病気の原因になります)



そこで、眼の為に抗酸化作用のある栄養素をバランスよく配合したサプリメントが

「オキュバイト」・「サンテルタックス」なのです。



スポーツ後の発生した活性酸素を消去し、日常の適度な食事では足りない栄養素を確実に補給できます。




ルテインと共にビタミン・ミネラルも一緒に摂るなら「オキュバイトの3種類」「サンテルタックス20+ビタミン&ミネラル」を、すでにビタミンサプリメントを服用されている方はルテインのみを効率よく摂取できる「サンテルタックス20」をおすすめいたします。



10年後に「変わらないなぁ」と言えること。

10歳若い自分になる為に・・・。


オキュバイト、サンテルタックスがとってもお得。格安通販アイケアショップ ウィズ •ボシュロムオキュバイト+ルテイン


•ボシュロムオキュバイト50プラス

•ボシュロムオキュバイト プリザ-ビジョン2

•サンテルタックス20+ビタミン&ミネラル

•サンテルタックス20

•サンテルタックス20+DHA

•サンテグラジェノックス



●日本での失明の原因疾患は・・・



1位・・・緑内障

2位・・・糖尿病

3位・・・網膜色素変性

4位・・・黄斑変性



第4位の黄斑変性発症率についての調査結果が九州大学から2001年に発表されています。



発症率は0.87%(男:女≒9:1)
発症する可能性がある人(予備軍)は13.6% となっています。(約7人に1人)



2003年に1998年からの5年間発症率は0.9%と報告されており近年増加傾向に
ある事が明らかになってきました。



●加齢性黄斑変性の原因は老化と光刺激


加齢により網膜の新陳代謝が悪くなる事により老廃物が溜まり、これに光刺激が絡んで障害を起こします。



予防・発症後の対処も含め、上記原因を排除する事が大切です。



老化防止効果の高い栄養素を効率よく摂取し(サプリメントの活用)、網膜障害を悪化させる青色光(440nm前後)の進入をできるだけ防ぎましょう。(遮光レンズの使用)

※医療用遮光レンズ(CCP400跳ね上げ式)お取扱いしております。

キャッシュレス・消費者還元事業

クレジットカード決済なら

500ポイントがもらえる サプリメントの選び方 オキュバイト・ルタックスについて詳しくはこちらをご覧ください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ